学生野球夏季リーグ『サンディエゴサマーリーグ』

リーグビジョン

 

  • MLBドラフト指名を受けるレベルの選手の輩出、日本をはじめ各国球団でプレイするレベルの選手を輩出すること。
  • 所属学生選手が野球選手のみならず、広い視野・視点をもったグローバル人材となるような豊かな人格形成の場を提供すること。


 

リーグ内容


カリフォルニア州サンディエゴ市に大学野球夏季サマーリーグ『サンディエゴサマーリーグ』を開催運営する。


MLB球団を中心に日本を含め世界各国の野球リーグへ進むことのできる選手育成、アメリカ大学野球で活躍できる選手育成を目的とし、リーグ参加学生選手の技術向上、人間形成を促進する教育機会・教育環境を提供する。


サマーリーグ終了後の選手の進学進路サポートシステム(選手紹介資料・個人成績・プレー動画などをMLB球団、日本球団、アメリカ大学野球部などに送付)を提供する。


所属学生選手のセカンドキャリア (野球現役引退後の社会生活) をサポートし、実社会の中でも大いに活躍していけるような人格・能力形成の場を提供する。


リーグ概要

 

選手規定:

各チームは17歳から25歳までの選手を1チーム最大30名まで出場選手として登録することができる。プロ球団との契約下にある選手の登録は認めない。

 

加盟予定チーム (2015年10月現在)

テメキュラ・ナショナルズ* x2チーム  *MLBワシントン・ナショナルズのスカウトチーム

サンディエゴ・トライブ x2チーム

ウエストコースト・クリッパーズ

サンディエゴ・オリンピアンズ

サンディエゴ・ブルーデビルス

SDSA・サンディエゴ、

 

使用球場

サンディエゴ・メサ大学野球場 (SDSA・サンディエゴ 本拠地球場)

アライアント国際大学野球場 (SDSA・サンディエゴ 本拠地球場)

リンフィールド高校野球場 (テメキュラ・ナショナルズ 本拠地球場)

バハラ高校野球場 (サンディエゴ・トライブ 本拠地球場)

サンディエゴ・シティ大学野球場 (サンディエゴ・トライブ 本拠地球場)

パロマ―大学野球場 (ウエストコースト・クリッパーズ 本拠地球場)


提携リーグ:WBAウエスタン・ベースボール・アソシエーション*

*1990年代からサンディエゴ市などで展開するサマーリーグ連盟


リーグ役員

 

リーグ 最高顧問 (Chief Executive Adviser)

谷澤 健一

 

リーグ GM (General Manager) 

山内 周司 

 

リーグ アドバイザー (Adviser)

ジョン・マーシュ (WBA連盟代表)

 

リーグ アドバイザー (Adviser)

友永 順平

 

リーグマネジャー (Manager)

青柳 悠


審判部長 (Director of Umpires)

ピート・ロペス 

 

球団代表者

テメキュラ・ナショナルズ (Temecula Nationals)  ジョシュ・デクスヘイマー
サンディエゴ・トライブ(San Diego Tribe) マイク・バンド― 
ウェストコースト・クリッパーズ (Westcoast Clippers) ベン・アダムス
SDSA サンディエゴ (SDSA San Diego) シェイン・ホイットニー

サンディエゴ オリンピアンズ (San Diego Olympians) ジェイク・ポルチョガル

サンディエゴ ブルーデビルス (San Diego Blue Devils) スティーブン・ホロクイン

 


サンディエゴ・メサ大学

アライアント国際大学

リンフィールド高校


バハラ高校

サンディエゴ・シティ大学

パロマ―大学


【補足情報】アメリカの サマーリーグ (大学夏季野球リーグ) とは

アメリカの大学野球選手に大学野球各リーグ (NCAAリーグ、NAIAリーグ、各州2年制大学リーグ)のオフシーズンとなる大学夏期休暇中も継続してプレーできる環境を提供することを目的とする大学夏季野球リーグ。


アマチュア規定のリーグ (選手給与なし)で、全米各地約70リーグが開催されている。創設130年以上の古豪リーグも存在する。

各リーグ所属チームが6月から8月初旬までの1-2か月間で20-40試合を開催する。

大学野球選手が中心だが、リーグによっては同年春に大学を卒業したばかりの選手、プロ球団との入団契約を目指す浪人選手が所属できる規定のあるリーグもある。

 

サマーリーグに所属する選手はアマチュア規定下の選手だが、MLB機構が出資運営しているリーグ(ケープコッドリーグ)やMLB球団がスカウトチーム(育成チーム)として出資して運営しているチームも存在する。


アメリカ総合留学