主な事業実績


2019年

ハワイ大学にて、女子サッカーIDキャンプを実施!

 

ハワイ大学女子サッカー部、JAPANサッカーカレッジ、SDSAの共催でハワイ大学でのIDキャンプを開催。全米各地から約40名の選ばれた選手が終結。日本からもアメリカ進学を目指す4名の選手が挑戦した。

 

詳しくはこちら


サンディエゴ・パルセイロ・レディースの2年目のシーズンが開幕!

 

5月、サンディエゴ・パルセイロ・レディースの2年目となるWPSL(米国女子2部)レギュラーシーズンが開幕。日本人選手も3名が参加し、今後のアメリカと日本の国際交流の場となるチームとしての第一歩目となった。

 

2019シーズンの様子はこちら

チーム詳細はこちら


ゼストFCの4年目のシーズンが開幕!

 

5月、ゼストFCの4年目となるシーズンが開幕。日本人選手3名の他、フランスやコロンビアからの選手が参加し国際色豊かなシーズンを迎えた。

 

2019シーズンの様子はこちら

チーム詳細はこちら


暁星国際高校女子サッカー部、佐久長聖高校女子サッカー部のサンディエゴ遠征を実施!

 

3月、暁星国際高校と佐久長聖高校の女子サッカー部がサンディエゴ遠征に参加しSDSAがコーディネートを務めた。地元の同世代クラブとの試合や合同練習、語学研修、ボランティア活動、観光、ホームステイ体験などを行い、チーム強化は勿論、各選手が異国の文化に触れ視野を広げるためのきっかけとなるプログラムとなった。


長野県佐久市にて第三回米大女子セレクションキャンプを開催!

 

2019年3月、二日間に渡る米大女子セレクションキャンプを開催。約40名の選手が集まり、アメリカからサウスアラバマ大学(NCAA D1)、テキサス大学リオグランデバレー校(NCAA D1)、ナバロ大学(NJCAA D1)のコーチが来日し選手スカウトを行った。

 

詳しくはこちら


福岡県にて第二回米国プロサッカー合同セレクションを実施!

 

2019年1月、福岡県福岡市の福岡フットボールセンターにて米国プロサッカー合同セレクションを実施した。2017年12月に引き続き2回目の実施となった今回は、アメリカから5クラブ(プロ×4、アマ×1)、デンマークから1クラブ(プロ)、日本から2クラブ(プロ、アマ)の計8クラブを招聘しての実施となった。セレクションには日本のみならず韓国からも選手が集結。現役のプロサッカー選手も数名参加した。

 

詳しくはこちら



2018年

プロサッカー合同セレクションから3名が米国2部クラブへの最終選考に参加!

 

6月のプロサッカー合同セレクションにてチャンスを掴んだ選手3名(リーソンヨン選手、福田将太選手、鈴木浩輝選手、いずれもサンディエゴゼストFC所属)が、米国2部ユナイテッドサッカーリーグに所属するノースカロライナFCとシアトル・サウンダーズFCから最終選考を兼ねた練習参加招待を受けた。これにより、リーソンヨン選手と福田将太選手がノースカロライナFCにて、鈴木浩輝選手と福田将太選手(福田選手は両クラブから最終選考に招待される)がシアトル・サウンダーズFC2にて、それぞれ契約を懸けてアピールに励んだ。


サンディエゴにて日系企業初となるプロサッカー合同セレクションを実施!

 

6月、日系企業としては初となるプロサッカー合同セレクションをサンディエゴにて開催。サンディエゴを中心に、南カリフォルニアから総勢60名の選手が参加し、2日間に渡ってセレクションに参加した。本セレクションには、アメリカ国内から3クラブ(シアトル・サウンダーズFC2、ノースカロライナFC、ペンFC)、日本から1クラブ(レノファ山口)の計5クラブが参加し、戦力補強を目的として選手の視察を行った。


武生瞬選手とジーウォン・キム選手が米国2部クラブへの最終選考に参加!

 

12月の米国プロサッカー合同セレクションにてチャンスを掴んだ武生瞬選手(九州国際大学)とジーウォン・キム選手(韓国)が、米国男子2部ユナイテッドサッカーリーグ(通称USL)に所属するプロクラブの最終選考に挑んだ。武生選手はノースカロライナFCに2週間、キム選手はチャールストンバッテリーに1週間それぞれ参加し、契約締結を懸けたアピールに励んだ。

 

詳しくはこちら


サンディエゴ・パルセイロ・レディース始動

 

San Diego Zest FC WomenはAC長野パルセイロとの提携を経て、「San Diego Parceiro Ladies」として米国女子2部サッカーリーグに位置するWPSL(Women's Premier Soccer League)へ参戦し、初シーズンを終えた。 

詳しくはこちら


暁星国際高校女子サッカー部の「アメリカ遠征」をコーディネート