アスレチックトレーナー留学

アメリカでアスリートをサポートするアスレチックトレーナーの活動を体験してみたい、日本で身に付けたトレーナーの技術をアメリカのアスリート達に試したい、アスレチックトレーナーの資格を取りアスリートをサポートしたい、そんな願いを持つ学生に短期・長期のアスレチックトレーナー留学のチャンスを提供しています。

体験者の声

米国4部サッカークラブとサンディエゴメサ大学での研修プログラムに参加するH君

ー渡米の目的を教えて下さい

 私は現在、日本の大学野球部にて学生トレーナーをしています。その中で、トレーナーとしての自分に更に磨きをかけたいと考えた時、アメリカへの『トレーナー留学』という選択肢が生まれました。スポーツ産業が発達しているアメリカにおいて、トレーナー業もまた、その環境や技術という点においても、日本より遥かに先を行っています(一説には30年の差があると聞きました)。そんなアメリカでトレーナー技術と語学力の向上を図り、行く行くは大学院への進学を実現させたく思い、留学することを決意しました。

 

ーサンディエゴを選択した理由を教えて下さい

 私が通う日本の大学が横浜市にキャンパスを構えており、その横浜市が姉妹都市として関係を築いていたのが、サンディエゴでした。そのためか、サンディエゴの街の雰囲気はどこか横浜を連想させるところがあり、好感を持てました。また、サンディエゴの特徴の一つとされる過ごしやすい気候にも魅了され、留学先に決めました。

 

ー渡米前に描いていた留学に対する印象を教えて下さい

 留学前に最も不安に感じていたのが、コミュニケーションでした。初のアメリカということもあり、日本でも英語の勉強には注力していたのですが、やはり外国人とうまくコミュニケーションを取れるかどうかは、とても不安でした。

 

ー渡米後に実感した実際の留学はどういったものでしたか

 アメリカは、どの方もフレンドリーで本当に良い人達ばかりだと感じます。時々、文化の違いに困惑したり、伝えたいことが思うように相手に伝わらずストレスを抱えたりすることはありますが、皆さんの人の良さもあり、基本的に楽しい日々を過ごせています。

 

ー1日のスケジュールを教えて下さい

時間 内容
6時 起床 
7時 語学学校に向けて出発
7時40分 語学学校に到着、授業開始まで予習や復習の時間にあてる
9時 授業開始
13時30分 授業終了
14時 サンディエゴメサ大学のトレーナープログラムに参加
18時 トレーナープログラム終了。ホームステイ先に帰宅。
19時 帰宅。夕食。
20時 自由時間(勉強や寝支度など)
0時 就寝

ー語学学校の様子を教えて下さい

 語学学校はものすごく楽しいです。様々な国籍の方と知り合えますし、友達の輪が広がります。私のクラスには、ブラジル、エクアドル、サウジアラビア、フランス、スペイン、そしてトルコなど、世界各国から生徒が集まっており、クラスの雰囲気はとても良いです。学校全体の国籍の割合としては、ブラジルとサウジアラビアが高い割合を占めており、日本人は7名ほどしかいません。

 

ーサンディエゴゼストFCでのトレーナー研修を通して何を感じましたか

 ゼストFCへのトレーナー研修には、渡米後すぐに参加させていただきました。研修時には、トレーナーの専門用語を多用するため、語学学校では習わない、また使用しない語彙に触れることができ、とても良い経験となりました。私自身、サッカーのトレーナー業を担当するのは初のことでしたので、野球とはまた違った視点からトレーナーというものに向き合うことができました。PDLの試合では、ホーム試合もアウェー試合も、必ず公認のATCトレーナーが会場に常駐しているため、トレーナーの横の繋がりを作るにも、ゼストFCでの研修は良い機会となりました。

 

ー初めて海外でトレーナーを行ってみて感じたことは何ですか

 日本人は特に、全てをやってあげようという気持ちがあります。しかしアメリカでは、自分でできることは自分でやる、という文化があるため、そこの判断をしっかりすることが大切だと感じました。

 

ー渡米前と現在の語学力の向上度合いを教えて下さい

留学当初は、会話すらままならかたったのですが、渡米から2ヶ月が経った現在では、日常会話程度であれば、リスニングもスピーキングも問題なく対応できるまでに成長しました。語学力の向上に関しては、ホストファミリーからもお褒めの言葉をいただくことができ、それが自信にも繋がっています。

 ー今後留学してくる方にアドバイス・メッセージをお願いします

 

 アメリカは、そのお国柄もあり、語学学校とホームステイ滞在だけでも十分楽しむことができます。ただ私のように、そこにトレーナー研修といった専門的なプログラムを付加することで、充実さは何倍も高まると実感しました。語学学校やトレーナー研修などで学ぶことは山のようにありますが、そのぶん得るものは多くあり、ここでしか体験できない特別な留学になっていると肌で感じています。現在留学を検討している方々も、どうせ海外に出るのであれば、自分にしか成し得ないプログラムに参加することをお勧めします。

アスレチックトレーナーとして活躍する谷澤順子氏のインタビュー

全米アスレチックトレーナー協会の公認資格ATCを取得し、アメリカのスポーツ界第一線でトレーナーとして活躍する谷澤順子氏のインタビューです。

 

谷澤氏はテキサス州立大学アスレチックトレーニング学科で学び、2004年にATCを取得、アメリカ代表チームのメディカルスタッフメンバーとして、世界陸上などの世界大会でアスリートをサポートしています。

 

トレーナーとしてアメリカで活躍する谷澤氏のインタビューはこちらから。

アスレチックトレーナー留学生 秋吉慎太郎 インタビュー (2015年4月27日)

マーセッド大学出身で現在ネバダ大学ラスベガス校に通う秋吉慎太郎がサンディエゴの大学野球サマーリーグ球団サムライサンディエゴで選手のサポートに携わることになりました。秋吉慎太郎は現在、全米アスレチックトレーナー協会認定資格であるATC取得に向け、在学中のネバダ大学で卒業前の最終学期を送っています。今年2月には、アリゾナ州で開催されたサンディエゴパドレス球団のスプリングトレーニングにアスレチックトレーナー研修生として派遣され、メジャーリーグ選手、マイナーリーグ選手のトレーニングサポートトレーナーの元で技術研修を積んでいます。


秋吉慎太郎のインタビューはこちらから。




 

トレーナープログラム体験者の声はこちら

アスレチックトレーナー公認資格ATCとは?

NATA(National Athletic Trainers Association、全米アスレチックトレーナー協会)は全米規模のアスレチックトレーナー協会としてアスリートをサポートするトレーナーの技術向上、資格認定、最新情報の提供などを行う団体です。NATAの認定アスレチックトレーナー資格であるATC(Athletic Traners Certification)はアスレチックトレーナーの国際資格として世界的に認知度が高く、全米の多くの学生トレーナーがその資格取得を目指して勉強しています。

ATC資格をもつアスレチックトレーナーは医療プロフェッショナルとして、運動による故障防止、アスリートの健康管理、リハビリテーションを専門分野として活動しています。アスレチックトレーナーは医療チームの一員としてスポーツ選手の担当コーチや医療専門スタッフと協議しながら選手のパフォーマンス向上に向けた役割を果たしています。

 

 

ATC資格取得がつながる職種とは?

 

アメリカでは高校・大学などの学生スポーツの現場にもアスレチックトレーナーが帯同しています。ATC資格保持者のほとんどが高校や大学など学校機関の現場でアスレチックトレーナーとして勤務しています。その他にも医療施設やMLB、NFLのようなプロスポーツチーム、また個人でパーソナルトレーナーとして勤務するトレーナーもいます。

 

ATC資格保持トレーナーの一般的な就職先

・高校・大学スポーツチーム

・大学などの学術機関(教員として)

・医療施設

・トレーニングジムなど

 

日本のスポーツ界、医療関係業界でも国際資格であるATC資格をもつアスレチックトレーナーが多数活躍しています。

 

 

NATA公認資格試験を受験するためには?

 

NATA公認資格試験受験には、NATAが公認した大学のアスレチックトレーナー専攻学科を卒業する必要があります。

 

(例)カリフォルニア州におけるNATA公認の4年制大学

Azusa Pacific University

California Luthern University

Cal State Fullerton

Cal State Northridge

Chapman University

Concordia University

Fresno State University

Humboldt State University

Long Beach State

Point Loma Nazarene University

Sacramento State University

San Diego State University

San Jose State University

University of LaVerne

University of the Pacific

Vanguard University

 

アスリートのトレーニング指導を学ぶトレーニングコーチ研修

プロのストレングス&コンディショニングコーチのもとでトレーニング指導を学ぶ

お問い合わせ・お申込みはこちらから

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

必須項目の記入及び正確な本人情報の記載が必要です。

氏名はフルネームをご記入ください。

全ての項目に正確な情報の記載がない場合にはお問い合わせにお応えできない場合がございますのでご了承ください。

 

提携機関

アメリカ総合留学