女子サッカー海外進学

世界一の女子サッカー王国で、今後に繋がる文武両道生活

 

 近年、女子サッカーの知名度は世界的に上がってきています。その中でも、長年世界の頂点に君臨するアメリカはまさに女子サッカーの本場です。過去には澤穂希選手(INAC神戸)、そして現在では川澄奈穂美選手(シアトル・レインFC)と、日本を代表する選手達がプレーの場を移してきたこともあり、そのレベルの高さは日本でも広く知れ渡っています。

 

 そのアメリカでサッカーをしてみたいという生徒のために、SDSAでは女子サッカー留学プログラムを用意致しました。本気でプロを目指している、アメリカでサッカーを挑戦したい、サッカーの自信はないけど興味はある、サッカーと共に英語も伸ばしたい、メインは勉強でその中で軽くサッカーができたら良いなど、生徒の目標と能力に合った学校を考慮し、共に最適な学校を選択していきます。

 

アメリカの大学におけるスポーツの位置づけ

 アメリカの大学では文武両道が必須条件です。いくらスポーツの能力に長けている生徒でも、学校の成績が低くては練習参加の許可すら下りません。さらに日本の大学とは違い、スポーツができる生徒に対して特別待遇を施すということは一切ありません。生徒は、勉強をしてはじめて部活にも参加できます。一見とても厳しいことに感じるかもしれませんが、これはその後のキャリアを築く上で非常に重要なことです。

 

 現在日本には多くのプロサッカー選手が存在しますが、サッカー選手として生活ができる期間は限られており、またサッカーに関する職業に就きずっと生活をしていくことができるという人はその中でもほんの一握りです。多くのアスリートは、引退後に新たなキャリアを自分で築いていかなければなりません。そこで自分の身を守ることになるのが、「学位」「英語力」「国際感覚」などのアメリカ留学を通して身につけたスキルです。

 

 日本の大学の中には、スポーツだけやっていれば良いという学校がありますが、当時は楽しく居心地の良いその環境も、後になって振り返ると「もっと勉強をしておけば良かった」と思うことも少なくありません。

 

 アメリカのように、学生時代に勉強を怠らずしっかりやることで、幅広い分野で職が探せるとともに、それまで見えてこなかった自分の新たな可能性を見つけるチャンスにも繋がります。自分の好きなスポーツの為の勉強と考えれば、決して困難な事ではないはずです。

 

アメリカでの日本人評価は軒並み上がっている

 

 2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会において、日本が決勝でアメリカを下し初優勝を成し遂げたのは記憶に新しい事と思います。過去の通算成績で0勝21敗3分とアメリカに対して一度も勝利を収めたことのなかった日本が、ワールドカップの決勝の舞台でアメリカを下すという歴史的快挙でした。この日本の快挙は、アメリカの日本に対する見方を大きく変えるきっかけとなりました。

 

 

 過去の澤穂希選手のアメリカ女子サッカーリーグでの活躍、そして現在では川澄奈穂美選手がアメリカ移籍、さらに今年3月にコスタリカで開催されたU-17女子ワールドカップでの日本の優勝と、近年の日本女子サッカーの飛躍には世界中が、特に世界一の座を脅かされているアメリカから熱い視線が向けられています。

 

 

 現在アメリカでは更なるサッカーレベル向上のため、海外の優秀なプレーヤーのスカウティングに力を入れているそうです。特に日本の評価は高く、大学サッカーのコーチやスカウトは、日本の試合の動画を拝見したり、実際に現地へ訪れ試合観戦を行ったりしています。それだけアメリカでの日本人プレーヤーの需要は上がっており、可能性はいくらでもあるのです。

アメリカでサッカーをするメリット

 

1.世界一のサッカー王国を肌で感じることができる。

2.日本でも必要とされる英語力の上達にも繋がる。

3.日本にはないサッカーの知識、スタイルが学べる。

4.年中気候の良い環境でサッカーができる(カリフォルニア州)。

5.世界一のサッカーを体験することで、日本に足りないものがみえてくる。

女子サッカー留学関連記事(アメリカサッカーニュースより)

 静岡県代表の藤枝順心が鮮やかな逆転勝利で高校女子サッカー日本一の座に輝いた。全日本高校女子サッカー選手権大会は10日、ノエビアスタジアム神戸で決勝戦が行われ、藤枝順心が神村学園(鹿児島)を3-2で下し、9年ぶりとなる全国制覇を果たした。藤枝順心は前半終了時点で2-1とリードされる展開となったが、後半に鮮やかな逆転劇を見せ、過去2大会優勝の強豪・神村学園を退けた。

 

 12月にはSDSAが福岡で主催したキャンプで米国大学の男子サッカー部コーチたちが来日したばかりだが、今回の高校女子サッカー選手権大会には、NCAAディビジョン1に所属するケンタッキー大学、アイダホ州立大学の女子サッカー部コーチが訪問し、アメリカへの留学生候補たちを視察。前評判通りのレベルの高いプレーを目にし、満足げな表情で会場を後にした。アメリカから日本の高校サッカーに注目が集まっていることは、前回の記事でご紹介した通りである。

 

 藤枝順心高校には、SDSAがサポートを行う学生選手が在籍しており、卒業後のNCAA ディビジョン1所属大学へのサッカー留学を決めている。前述のコーチたちが見守る前で得点を決めるなど、今大会を通して活躍を見せた同生徒だが、夏にもアメリカの女子サッカー強豪大学の訪問を行っており、予てからその視線は世界を捉えていた。今大会の結果でサッカーの実力は折り紙つきであることは証明されたが、アメリカで生き残るためには、語学の習得や多様な文化の受容など、人間としての成長が不可欠である。NCAAディビジョン1の大学ともなれば、なおさら学業も疎かにはできず、学業成績でも常に結果を求められる。偉業を成し遂げた誇りと、次のレベルへ挑む緊張を胸に、新たなステージへと足を進める。

 

 

 世界一と称されるアメリカの大学教育界からの熱い眼差しを受けながら、一人の若者が、日本一の座から世界の舞台へと羽ばたく。日本の女子サッカーが世界最高峰のレベルにあることは言うまでもない。しかし、であればこそ、奨学金の充実したより良い教育環境で、よりレベルの高い舞台に挑戦すべく、世界へと視線を向ける学生選手たちを、SDSAではサポートしていきたい

 

 第23回全日本高等学校女子サッカー選手権大会は6日、兵庫県神戸市で準決勝が行われ、藤枝順心(静岡)が3−2で鳳凰(九州第2)を下した。 これで藤枝順心は2年連続となるベスト4進出を決め、 今日の準決勝に臨む。

 

 本大会は毎年年始に開催され、全国から予選を勝ち抜いた32校が出場、トーナメントを勝ち抜き優勝を目指す。今大会では、日本時間の6日に行われ た準々決勝の結果、藤枝順心、大商学園(大阪)、修徳(東京)、神村学園(鹿児島)がベスト4に勝ち残った。日本時間の今日7日、午前11時から行われる 準決勝では、藤枝順心が夏のインターハイ準優勝校・大商学園と対峙する。大商学園は、今大会の全3試合で5得点以上をあげた上で完封勝利を収めており、こ こまで順調に駒を進めてきた藤枝順心にとっても、手強い相手となる。夏のインターハイでは、大商学園・藤枝順心ともに優勝校となった日ノ本学園に敗れており、両校の優勝にかける想いは強い。

 

 

 

 昨年の女子サッカーW杯では準優勝、 12月には日本代表の澤穂希が現役を引退し、世代交代の時期を迎えた日本女子サッカーへの注目度は高い。2014年にコスタリカで開催されたU-17女子 W杯では、決勝でスペインを破り初優勝を果たすなど、日本女子サッカーの若い選手たちには期待が集まっている。今大会の出場校の中には、卒業後にプロへの 道を進む生徒もおり、国内の高校・大学・プロチームの関係者が一堂に注目しているのが高校女子サッカー選手権大会である。

 

 一方で、日本の高校女子サッカーに注目しているのは国内のサッカー界だけではない。本コラムでもアメリカでのサッカー留学に挑戦する女子学生を特集したが、アメリカ大学の日本の女子サッカー選手に対する評価は非常に高い。昨年の女子サッカーW杯では決勝で日本を破り、女子サッカー界の王者の座に君臨するアメリカだが、その強さの源となっているのが、女子サッカー選手のために準備されている大学からの潤沢な奨学金である。アメリカでは近年、留学生にも授業料から生活費までカバーする全額奨学金のオファーが増えており、より高いレベルでのプレーを望む日本人女子生徒の獲得が進んでいる。レベルの高い選手を獲得したい米国の大学と、語学の習得や現役引退後のキャリアを考える生徒の需要と供給が一致した結果である。

 

  今回の高校女子サッカー選手権大会にも、アメリカの大学のサッカー部コーチが視察に訪れており、未来の留学生候補達のプレーに目を光らせている。青春をかけて闘う選手たちと、世界一を目指す日本女子サッカー界、そして世界一をひた走るアメリカ女子サッカー界、様々な想いが交差しながら、今大会は日本時間の10日に決勝を迎える。

ケンタッキー大学(D1)

アイダホ州立大学(D1)


バトラー大学(D1)

ポイントローマ・ナザレ大学(D2)


マーティン・メソディスト大学(NAIA)

カンバーランド大学(NAIA)


女子サッカー留学についての問い合わせ、ご質問はこちらから

 

必須項目の記入及び正確な本人情報の記載が必要です。

氏名はフルネームをご記入ください。

全ての項目に正確な情報の記載がない場合にはお問い合わせにお応えできない場合がございますのでご了承ください。

 
コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

アメリカ総合留学