米国大学女子サッカーセレクションキャンプ

 

 

~長野から始まる世界への挑戦~

2015年に福岡県にて開催された男子のサッカーキャンプの様子はこちらを御覧下さい。

米国大学女子サッカーセレクションキャンプとは?

米国大学サッカーキャンプ 女子サッカー アメリカ 大学 奨学金

 米国大学女子サッカーセレクションとは、米国大学へのサッカー進学を目指す日本の中高生と、日本人高校生の指導を熱望する米国大学女子サッカー部コーチ陣の双方のリクエストにより実現したサッカーキャンプです。こちらのサッカーキャンプでは、長野パルセイロの本拠地スタジアム南長野運動公園 総合球技場と千曲市サッカー場(人工芝)または、新設の筑北村ウェルネスサッカー場(人工芝)に米国大学女子サッカー部コーチ陣を招聘し、米国大学への進学を目指す中高生へのサッカートレーニングを通して、世界最先端にある米国女子サッカーのトレーニングセッションを選手に提供する事はもとより、大学側は米国で活躍が期待できる選手の発掘に務めます。

米国大学女子サッカーキャンプ アメリカ女子サッカー 
会場は長野パルセイロの本拠地スタジアム「南長野運動公園 総合球技場」:ジョイフル長野サッカークラブブログより

 2日間のトレーニングセッションを通して、見事コーチ陣より米国でも通用するレベルにあると判断された選手は、大学経費の一部、もしくは全額が免除の対象となる奨学金を考慮しての大学進学の機会が与えられます。長野パルセイロとの共催となる年に一度のチャンスを掴むも逃すもあなた次第。アメリカン・ドリームを夢見る若者のきっかけとなるプログラム、それが米国大学女子サッカーキャンプです。

奨学金獲得の可能性は?

アメリカサッカー留学 女子サッカー 奨学金

 米国女子サッカー界において日本人選手の評価は極めて高く、今日、多くの大学コーチが日本人選手の指導を熱望しているのは事実としてあります。大学によっては、選手視察のために日本へリクルーティング活動に出向き、選手の実力を直接その目で確かめる事も実際に行っています。これらは全て、日本人学生選手の指導を希望しているからこその行為にほかなりません。

 

 

 弊社が配信するサッカーコラム「アメリカサッカーニュース」でも以前紹介しましたが、2016年の年始に開催された第24回全国高校サッカー選手権で見事王座に輝いた藤枝順心高校のキャプテンを務めた選手は、彼女の強い意思と大学側の条件がマッチした結果、全米体育協会ディビジョン1に所属するケンタッキー大学へ、大学経費が全額免除となる奨学金を獲得しての米国大学女子サッカー進学を実現させました。彼女が獲得した4年間での免除額の合計は、約1,600万円にものぼります。もちろんこれは、彼女の学校での成績、サッカーでの実力、そして先を見据えた上での強い意思が生んだ結果ではありますが、生徒のやる気と能力次第では、彼女のように全額免除の奨学金を得ての大学進学も可能となります。

 

 

関連記事(アメリカサッカーニュースより)

「藤枝順心が高校女子サッカー選手権制覇。日本一から世界の舞台へ。」

「全日本女子サッカー選手権4強が決定。日米の女子サッカー界が注目する理由とは。」

藤枝順心高校サッカー部ウェブサイトより
藤枝順心高校サッカー部ウェブサイトより

 また、2016年年始の全国大会には、当キャンプにもトレーニングコーチとして参加するアイダホ州立大学のアリソンヘッドコーチも視察訪問しており、その際に全国大会とクラブユースチームの試合を観戦した結果、約30名の選手を奨学金候補生としてリストアップしております。全米体育協会の規定上、また奨学金の獲得には学力等も関係してくることもあり、これら30名を全て大学に連れてくる事は現実的ではありませんが、いかに米国大学コーチが日本人選手の質の高さに惚れ込んでいるかがお分かりになるかと思います。

参加大学コーチ紹介(2017年)

【ジェイソン・グッドソン】

ケンタッキー大学女子サッカー部
アシスタントコーチ

NCAAディビジョン1

コーチとしての経歴

 

2015年                    ケンタッキー大学女子サッカー部アシスタントコーチ

2012年~2014年  オハイオ州立大学女子サッカー部アシスタントコーチ

2008年~2011年  ワシントン州立大学女子サッカー部アシスタントコーチ

1996年~2005年  Ho’okalakupua Futball Academy(ハワイ)

1996年       Leahi Soccer Club(ハワイ)

 

 

その他  

 

U15女子米国代表サッカーチームコーチ

日本サッカー協会実施イベント(サッカークリニック等)での 指導やゲストスピーカー等経験

 

 

選手としての経歴

 

San Francisco Bay Blackhawks

(89年から93年までサンフランシスコに存在したプロサッカーチーム)

 

San Jose Grizzlies

(94年から95年までサンフランシスコに存在したプロのインドアサッカーチーム)

 

2017年より1名の日本人留学生が全額奨学金を得てケンタッキー大学に進学決定。日本人選手の実力を高く評価している。

【ケンタッキー大学 基本情報】


【アリソン・ギブソン】

アイダホ州立大学

ヘッドコーチ

NCAAディビジョン1

コーチとしての受賞歴

 

 

2006年 ー Big Sky カンファレンス最優秀コーチ賞

2009年 ー Big Sky カンファレンス最優秀コーチ賞

2012年 - Big Sky カンファレンス最優秀コーチ賞

2006年 - Big Sky カンファレンストーナメント優勝

2009年 ー Big Sky カンファレンストーナメント準優勝

2012年 - Big Sky カンファレンストーナメント優勝

2014年 - Big Sky カンファレンストーナメント準優勝

*Big Sky カンファレンス

所属チーム数:11チーム


 アイダホ州立大学を率いて11年目を迎えるアリソン監督は、コーチとしての実績も去ることながら、選手としてもその実績が高く評価されている。ソノマ州立大学での現役時代には、1992年にチームの全米ベスト4進出に、翌年1993年にはチームの全米ベスト8進出にそれぞれ大きく貢献し、自身はそれぞれの年に、カリフォルニア内のベストプレーヤー賞を受賞している。また大学卒業後には、90年から99年まで神奈川県平塚市を拠点に日本女子サッカーリーグに所属していた「フジタ天台SCマーキュリー」に96年から99年までの3年間所属し、日本でプロサッカー選手として活動していた。また、2015年12月に引退を表明した澤穂希氏とはフジタ天台時代のチームメートとしてプレーした。日本女子サッカーの実力をその自身の経験から長年に渡って熟知する数少ないアメリカ人女性監督の一人として、日本人選手の将来の可能性を強く信じ、また、彼女達の指導も熱望している。

【アイダホ州立大学 基本情報】


【キャット・メルツ】

オレゴン大学

ヘッドコーチ

NCAAディビジョン1

大学コーチとしての経歴

00ー04年 UCLA   アシスタントコーチ

05ー09年 UNLV   ヘッドコーチ

09ー11年 Texas   アシスタントコーチ

13ー16年 Oregon ヘッドコーチ 

代表コーチとしての経歴

04年    U15    アシスタント

07ー11年 U20/U18 アシスタント

11ー16年 U23    アシスタント

パシフィック12カンファレンス

所属チーム:12


【オレゴン大学 基本情報】


【ミシェル・ナガミネ】

ハワイ大学マノア校

ヘッドコーチ

NCAAディビジョン1

コーチとしての経歴

91ー10年 Kamehameha   ヘッドコーチ

02ー10年 Leashi Club   ディレクター

08ー10年 Hawaii Pacific   アシスタントコーチ

11ー16年 Hawaii     ヘッドコーチ 

コーチとしての戦績

11年 5勝12敗1分 リーグ3位

12年 8勝9敗3分  リーグ6位

13年 8勝8敗1分  リーグ5位タイ

14年 7勝10敗1分 リーグ8位

15年 3勝14敗1分 リーグ9位

 

ビッグ・ウェスト・カンファレンス

所属チーム:9


【ハワイ大学マノア校 基本情報】


米国大学サッカーセミナーの実施

 キャンプの初日には、参加選手に米国大学そして大学サッカーシステムについてより確かな知識を身につけてもらうべく、コーチ陣をふまえた米国大学サッカーセミナーを実施致します。ここでは、大学の基本情報からネット上には流れていない情報まで、我々、そして大学コーチ陣が直々に説明致します。

 

(以下、2016年12月に福岡県にて開催した米国大学男子サッカーキャンプ時のセミナーの様子。)

長野パルセイロレディースとの共同プロジェクト

当キャンプは、なでしこ1部リーグに所属する長野パルセイロレディースとの共同プロジェクトです。2020年の東京オリンピック開催年に向けて、なでしこ1部での更なる成長に向けた基盤づくりを目指す長野パルセイロは、2020年のビジョンとして、以下の4つを掲げています。

1.米国大学留学生のセレクションキャンプを実施(育成・強化)

2017年3月に米国NCAA1部クラスの大学コーチを招き、日本人選手のセレクションキャンプを南長野で実施します。将来性の高い合格者は、奨学金制度を利用し、留学費用の全額または一部免除が受けられます。このキャンプの実施により、新たなタレントの発掘機会の創出と、日米女子サッカーの架け橋としての役割を担う決意です。

 

2.アメリカ女子サッカー2部リーグチームとの提携(育成・強化)

2018年に米国女子サッカー2部リーグ WPSL(Women's Premier Soccer League)に日系資本としてはじめて参入を承認された女子チームと提携します。この提携により、日米選手の移籍や交流機会を創出し、本場米国のサッカー経験を持った選手を育成し、強化をはかります。

 

3.アジア遠征の実施(普及・育成)

長野県ベトナム交流協会と連携し、アジア市場で注目されるベトナムへの遠征の実施実現に取り組みます。現地で代表チームとの親善試合の実現を目指し、日本女子サッカーのアジアへの普及と、スポーツの力で、アジアとの経済・産業・文化の交流発展に貢献したいと考えます。

 

4.地域の女子サッカーの競技力向上への貢献(普及・育成)

長野県内の女子サッカー界からの要請に応じ、指導者の派遣を積極的に取り組みます。レディースチームの下部組織「シュヴェスター」と長野日本大学高等学校女子サッカー部との合同練習会をはじめ、2017年度生の募集が行われている新設の佐久長聖(中学・高校)サッカー部に指導者を派遣するなど、ホームタウンや地域からの要請に応じて、地域の女子サッカーの普及・育成に貢献してまいります。

 

AC長野パルセイロ・レディース 2020 VISION(AC長野パルセイロ公式ウェブサイト)

米大留学 選考合宿を開催 来年3月にAC長野レディース(信濃毎日新聞Web)

女子サッカー留学関連記事(アメリカサッカーニュースより)

会場情報

 

南長野運動公園 総合球技場

 

 

住所

 

〒388-8002 長野市篠ノ井東福寺320番地

 

TEL

 

026-293-406

 

アクセス情報  

 

◆高速道路
上信越自動車道 長野インターチェンジから車で約5分
運動公園内第1駐車場は、駐車券をお持ちの方のみご利用いただけます。
第2~第4駐車場は、他の大会などで大変混雑いたします。駐車はご遠慮ください。 

◆最寄り駅
JR篠ノ井線 篠ノ井駅東口から徒歩で約40分
北陸新幹線 長野駅から車で約20分

 

ホームページ

 

http://minaminagano.jp/

長野パルセイロ公式ウェブサイトより

南長野運動公園公式ウェブサイトより

プログラム概要

【プログラム概要】

 日本で開催される米国大学サッカー進学のためのサッカーキャンプに参加し、実力を

 示して入学・入部オファーを勝ち取る。

 

【メリット】

 ①日本で米国大学サッカー部コーチ陣から実力を直接判断してもら事が出来る。

 ②大学サッカー部コーチ陣から英語によるトレーニングを体験。

 ③大学サッカー部への入部申込み、大学入学申込等に関わる手続きサポートサービス

  提供。*別途オプション

 ④大学関係者との交渉、提示オファー内容翻訳サービス提供。 *別途オプション

 ⑤希望進学先大学の情報提供サービス。 *別途オプション

 

*これらのサービスは、キャンプ終了後に大学側から声が掛かった選手のみ、別途オプションにて承ります。

 

【実施日】

 2017年3月19日(日)、20日(月)

 

【会場】

 1日目:長野オリンピックスタジアム野球場

 2日目:長野Uスタジアム(長野パルセイロ本拠地スタジアム)

 

【対象】

 米国大学サッカー進学を目指す中高生(中学1年ー高校3年生まで)

 

【参加費】

  5,000円

 

【申込み締め切り日】

  2017年3月1日

 

【当日日程】

3月19日(1日目)

時間 内容

 

 9:30 AM

 

 

受付開始

 

 

10:00 AM

 

午前の部開始(トレーニングメイン)

 

11:30PM

 

午前の部終了

 

1:00 PM

 

午後の部開始(11対11のゲームメイン)

 

3:00 PM

 

1日目終了

 

4:00 PM

 

 米国大学サッカーセミナー

3月20日(2日目)

時間 内容

 

 9:00 AM

 

 

11対11のゲーム          

 

 

12:00PM

 

2日目終了、解散

お申し込みフォーム

 

 

3月10日をもって、2017年のお申込みは締め切りました。

提携機関

アメリカ総合留学