カリフォルニア州立マーセッド大学野球留学

マーセッドカレッジ野球部ヘッドコーチ:クリス ベドレッリ

コーチ経歴:マーセッド大学野球部のヘッドコーチ(監督)としてこれまで通算644勝を誇る名匠。州内の大学野球部首脳陣表彰のカリフォルニアベストコーチに選出される。同大学野球部からロサンゼルスエンゼルスのブライアン・フエンテス投手など多くのプロ選手を輩出するほか、州内外の有名4年制大学野球部へも多くの学生選手を送り出している。

永冨翔太 優秀選手賞受賞!

マーセッド大学野球部に所属する永冨翔太が優秀選手賞を受賞しました!


 

マーセッド・サンスター(Merced Sun-Star)紙に掲載された記事によると、永富は打率.317、33得点、13盗塁の記録を残し優秀選手賞を受賞したとのこと。


 

また、リーグ内ベストナインにあたる選手表彰であるゴールドグラブ(Gold Glove)にも名を残し、まさに大活躍となりました。


マーセッド大学に留学し、同大学野球部の主力外野手選手として活躍している永冨翔太(日大明誠高校出身)が、2013年シーズンの優秀選手としてカリフォルニア州コミュニティーカレッジ学生スポーツ連盟(California Community College Athletic Association)から表彰されました。
 
マーセッド大学は所属するカリフォルニア州コミュニティーカレッジ学生スポーツ連盟リーグセントラルバレー地区リーグで22勝16敗(7チーム中2位)で2013年シーズンを終了しました。

Merced Sun-Star マーセッド・サンスター紙 2013年5月13日号より
Merced Sun-Star マーセッド・サンスター紙 2013年5月13日号より
永冨は全38試合に出場し、145打数46安打、打率.317、33得点、13盗塁の成績を残し、リーグの優秀選手賞、ならびにリーグ内ベストナインにあたるゴールドグラブ賞を受賞しました。
 
永冨にとって初めてのアメリカの大学野球シーズンとなった2013年春シーズンでは日本とは違うアメリカ人投手独特のくせのあるストレートへの対応に苦労したり、相手投手の執拗な内角攻めから死球を受けたり、シーズン中盤に体調を崩してしまったりいくつものハードルを乗り越えての優秀選手賞受賞でした。
 
シーズン中に一定の調子を保つために、コーチ陣から細かいアドバイスを受けたり、調子が下向いた時にバットを振り込む量を増やしたりしながらシーズンを乗り切ったという永冨。来期は本塁打を打つようなパワーを身につけること、またシーズン序盤から積極的に走って盗塁数を増やすことを自身の課題としたいとのこと。
 
永冨は夏休み期間中はサンディエゴ市のサマーリーグ球団「サムライサンディエゴ」に在籍し、カリフォルニア州内のレベルの高い大学野球選手たちのなかで実戦を積んでいく予定です。

提携機関

アメリカ総合留学