レッスン施設紹介 P. Fit Golf Studio

インストラクター:石山慎太郎   

 

1974年、神奈川県藤沢市出身


日本大学を卒業後、渡米。アメリカでミニツアーを転戦しながら、様々なスウィング理 論を学ぶ。
また当時PGAツアーで活躍し、現在もPGAツアーでシードを保持するトム・パーニスJr.と練習をともにし、彼独自のスウィング理論、卓越し たショートゲームの技術も学ぶ。

現在カリフォルニア州アーバインでレッスンを行う傍ら、チャンピオンズツアー(米シニアツアー)にキャディーとして参戦中。


TPI(Titleist Performance Institute)公認ゴルフフィットネスインストラクター

TPIゴルフフィットネスとは?

 

理想のスウィングを求めるときには個々の身体能力を分析する事が重要です。

例えば身体能力や筋力には個人差があり、個人の能力に合わない無理な動きをスウィングに求めても効率が悪く、目標とするスウィングに近づけない場合が多くなります。

TPIゴルフフィットネスプログラムでは、ゴルフスウィングへフィットネスの側面からもアプローチし、弱い部分を補うための個々に合ったトレーニングメニューを組み、 理想のスウィングを目指すというコンセプトで行われています。

 

本来発揮されるべき能力を制限している要因を割り出し、選手それぞれの潜在能力を引き出すことに重きを置きトレーニングを行います。


P. Fit Golf Studioでは


練習用グリーンには砂入りの人工芝を採用。

チッピング練習時にも実際のグリーンと変わらないバウンスとスピンを体感することができ、よりラウンドに近い練習が可能です。

 

パッティング練習時も最新システムを使用しストロークを分析します。

・アドレス時のパターフェースの向き

・インパクト時のパターフェースの向き

・ストローク軌道

・ストロークテンポ

などのデータをPGAツアー選手のデータなどと比較し、分析します。これによってミスの出ずらいベストなストロークを目指します。

各60分のプライベートレッスンでは、スウィング解析ソフト、ボール弾道測定器を併用し、理想的なボール弾道を得るためのベストなスウィングに向けアドバイスします。

スイングを画面で比較しより客観的に分析することで各選手に最適なスウィングフォームの習得に威力を発揮します。

 

の向き及び前傾角度、バックスウィング時の前傾角度の保持、トップポジションでの前傾角度とピボット角度、トップポジションでの捻転角度 と上下の捻転差、ダウン~インパクト時の前傾姿勢の保持度、インパクト時の体及び肩の開き角度、スウィング中の背骨の飛球線前後の傾き、スウィングプレー ン、クラブフェースの向きを映像化し数値として捉えることで修正ポイントをはっきりと割り出し、石山プロからリアルタイムで修正方法をフィードバックしてもらうことによって正しいスウィングへと導きます。

 

アナライザーはPGAツアー選手に対してフィッティングを行う際にも使用されるほど正確な数値が表示されます。また映像は体の正面および後方からの2台のカメラで撮影され、ツアープロとのスウィング比較や、修正前・修正後のスウィング比較が明確になります。

 

提携機関

アメリカ総合留学