2014年

11月

21日

樫本芹菜選手、大学女子サッカーディビジョン1リーグ地区ベストイレブン選出!

以前、当サッカーニュースにて紹介したバトラー大学女子サッカー部に所属する樫本芹菜選手が、今季のNCAAディビジョン1リーグのBig East地区(10大学、約250人の選手が在籍)において、最も素晴らしいパフォーマンスを魅せた選手11人に贈られる「All Big East First Team」に選出されました。このAll Big Eastは、各大学のヘッドコーチの投票によって選出され、樫本選手の所属するバトラー大学からは樫本選手を含む3選手が選出されています。All Big East にはファーストチームとセカンドチームが存在し、一年次の昨年はセカンドチームでの選出でしたが、今年は一つレベルをあげたファーストチームでの選出となりました。

樫本芹菜 アメリカサッカー留学 アメリカ大学進学 大澄紅希

樫本選手は小柄ながら、今期は主にディフェンスリーダーとなるセンターバックを任され、リーグ戦全19試合全てに出場しました。今期はディフェンダーとしての出場が多かったものの、攻撃面でもチーム4位タイとなる3ゴール、同じくチーム4位タイとなる3アシストを記録し、2年生ながらチームに欠かせない存在として周りから熱い信頼を得ています。

 

そんな樫本選手から、今回の受賞の喜びと今シーズンを終えての感想が届きました。


今回の受賞にあたって

「同じカンファレンス、同じポジションでプレーした昨年はセカンドチームまでしか入れませんでしたが、今年はファーストチームに選出していただきました。サッカー歴が長くなるにつれて、自分の成長を実感できることが少なくなるなか、成長が目に見える結果で実感できたことを嬉しく思います。」

 

今シーズンを振り返って

「今年もセンターバックとしてプレーすることになりましたが、今シーズンは3ゴール3アシストと、微力ながらも攻撃に貢献することができました。しかし、まだまだ納得のいく結果ではありません。シーズンは終わったけど、ここからまた新しいスタートとし、より一層努力を重ねていきたいと思います。」

樫本芹菜 SDSA 女子サッカー留学 ディビジョン1 大澄紅希
樫本芹菜 アメリカサッカー留学 SDSA 大澄紅希

アメリカ総合留学