SDSA提携校Southwestern College男子サッカー部、地区ディビジョン優勝

 弊社の提携校であるSouthwestern College が、2014年度カリフォルニア州内コミュニティカレッジサッカーリーグのPacific Coast ディビジョンにおいて、見事優勝を果たしました。無敗優勝を遂げた2013年とは打って変わって、2014年は10勝9敗4分と苦しい戦いが続いたものの、最終節の勝利によって、それまで首位を走っていたSan Diego City College を逆転し、劇的な幕切れでの優勝となりました。

 優勝の望みを残して臨んだ最終節、Southwestern College の相手は、格下のPalomar College でした。この時点で2位につけていたSouthwesten College の優勝の条件は、この試合での勝利と、その時点でトップを走っていたSan Diego City College 、さらに同じく2位につけていたMiracosta College の両校が、最終節を引き分け以下で終える事でした。

 

 優勝の望みを残していたSouthwesten College でしたが、優勝が他力本願となっていたその状況は、決して期待できるものではありませんでした。Southwestern College を率いるトントコーチは、この時の心境をこう語ります。

アメリカサッカー留学 男子 女子 カリフォルニア
選手を鼓舞するトントコーチ

「期待は全くしていませんでした。その時点で自力優勝の望みは残されていませんでしたので、まずは目の前の相手に勝利する事だけを考え、試合に臨みました。」(トントコーチ)

 

 見事この試合を3-1で勝利し、優勝への絶対条件を一つクリアしたSouthwestern College、残すは他会場の試合結果でした。

 

「試合を終えて休憩している時、急に喚声が聞こえました。見ると、他会場の試合結果を知った選手達が、疲れも忘れお祭り騒ぎを起こしていました。まさか逆転優勝できるとは思っていませんでしたので、非常に驚きました。最後まで何が起こるかわからない、サッカーの一番面白いところですね。」(トントコーチ)

 

 チームは2年連続のPacific Coast ディビジョン優勝を果たし、チームの指揮を務めたトントコーチも、この地区で年間のベストコーチ賞を受賞しました。2015年の活躍にも期待です。

アメリカ総合留学