カリフォルニア遠征でみえた流通経済大学サッカー部の強さの秘訣とは

アメリカサッカー留学 大学サッカー進学 カリフォルニア SDSA 大澄紅希 YES 格安 遠征 流通経済大学 サッカー 強化合宿 ジャーメイン良 中野雄二 森永卓 関東大学サッカー 学生寮

 2014年度に2度の大学サッカーチャンピオンに輝いた流通経済大学の男子サッカー部が、3月3日から3月10日にかけて、カリフォルニア遠征を実施しました。今回で3度目となる今年のカリフォルニア遠征では、7泊9日の滞在期間中に、現地の大学9校との練習試合を実施し、4月から開幕するリーグ戦に向けた強化を図りました。


 今回の遠征に参加したのは、現在、全日本大学選抜のスペイン遠征に参加中の主力メンバー数名を除く、トップチームのメンバーです。4月からは、流通経済大学が所属する関東大学サッカー1部リーグが開幕しますが、当遠征での練習試合では選手を固定する事なく、様々な選手を組み合わて臨んでいるとの事です。とは言っても、やはり2014年度に2度の大学チャンピオンに輝いたチームなだけあり、その強さはカリフォルニアでも証明されています。3月7日には、2014年度の全米準優勝校であるUCLA相手に逆転勝利を収め、その翌日には、2014年度全米ランキング13位のUC Irvine に2-1で勝利を収めました。この強さの鍵を握るのは一体何なのでしょうか?

アメリカサッカーニュース SDSA 中野雄二 監督 流通経済大学サッカー部 ジャーメイン良 森永卓 アメリカ 遠征 留学 スポーツ留学
無名のチームを全国屈指の強豪に育てあげた中野雄二監督

 

 「うち(流通経済大学サッカー部)では、サッカーだけ出来ても通用しません。選手は授業をサボったり寝坊して遅刻したりした際には、サッカーの実力関係なく、レギュラーから外します。プロのサッカー選手になれる可能性には非常に限りがあり、うちも現在230名の部員がいますが、その中でもプロになれるのは数名ですから。私は18年間、流通経済大学のサッカー部を指揮していますが、プロ輩出数が最も多かった年代でも、13名でした。もちろん、プロになったからといって、一生プロサッカー選手でいられる訳ではないので、選手には、サッカー以外の事もしっかり学ぶよう指導しています。」中野雄二監督)

 

 これまで、約50名以上のプロ選手を輩出してきた中野監督ですが、決して、選手にはサッカーだけに集中させる環境は与えず、学生時代の様々な経験を通して育まれる「人間形成」にも力を入れているとの事です。

 

「選手にはボランティア活動にも積極的に参加させています。年に4回は献血もさせています。昨年、茨木で雪が積もった事があったのですが、その際はサッカー部の練習を一週間休止して、地域の雪かきを行いました。そうすると、地域の皆様から温かいお言葉を頂いたり、地元の小学生たちからは感謝の意がこめられた作文も頂きました。このような経験を通して、選手たちには立派な人間に成長していってほしいと思っています。」

(中野雄二監督)

 

 公式戦が間近に迫っている状況でも、選手にはボランティア活動に参加させるそうで、時には選手のほうが試合への不安感を覚えることもあるそうです。しかしそれでも、結果をきっちり残すところは、さすが名将中野監督であり、そこについていく流通経済大学サッカー部の選手たちであります。

 

「サッカー部に所属する選手は、市内出身であろうと関係なく、全寮制にしてあります。3年前までは私も妻と共に寮生活を行い、選手の管理に務めていました。今もサッカー部230名の食事を担当するのは私の妻です。そういう面でも、選手たちはこちらの事を色々と理解してくれていると思います。」(中野雄二監督)

 

 今回のカリフォルニア遠征に参加しているトップチームのメンバーをみても、茶髪・ロン毛・ピアス・ひげなどが目立つ選手はほとんどいません。これは、特に監督が指示しているわけではなく、選手たち自身で意識し、行動しているとの事で、その点からも日本一の座に輝く大学サッカー部の違いを見受けました。中野監督曰く、今年のチームがここ最近で最も良いとの事で、今年の目標は、去年達成できなかった大学3冠(総理大臣杯、リーグ戦、インカレ)達成です。カリフォルニア遠征でよりたくましくなった流通経済大学サッカー部に、今年も注目です。

提携機関

アメリカ総合留学