著しく増加するMLSのチーム価値

 

 米国のビジネス雑誌「Forbes」は8月20日、2015年現在のMLSそれぞれのチーム価値を発表しました。これによると、2015年現在で最もチーム価値が高いとされるのが、1試合あたりの平均観客動員数が4万人を上回るシアトル・サンダーズで、そのチーム価値は245億円にも及びます。これは、2013年次に発表された同クラブのチーム価値175億円と比べ、70億円も増加した結果となりました。シアトル・サンダーズに続き2番目に価値のあるチームとされたのが、ロサンゼルスに本拠地を置くLA ギャラクシーで、そのチーム価値は240億円です。こちらも1位のシアトル・サンダーズと同じく、2013年次より70億円の増加となっています。

 

 2013年次と比較し、最もチーム価値の増加率が高かったのが、現在東地区の首位を走るD.C.ユナイテッドで、そのチーム価値は2013年次から97%アップの140億円です(2013年次には71億円)。さらに、西地区に所属するサンノゼ・アースクエーカーズも、2013年次のチーム価値75億円から95%アップした146億円と急増しています。



 

 MLS全体で見ても、1チームあたりのチーム平均価値は、2013年次からは52%上昇となる157億円となっており、この数字からもMLSの成長ぶりは伺えます。この、2013年次からのMLSの急成長の要因としては、①海外スター選手の獲得(カカ選手、ピルロ選手、ジェラード選手など)②観客動員数の増加(2013年-18,594人、2015年-21,296人)、③新たなテレビ局との放映権締結などが考えられています。チーム価値と並行してMLSのリーグ価値も増価する中、欧州のビッグリーグを超えるのも日もそう遠くはなさそうです。

 

 

参考:

Forbes magazine releases new Most Valuable Teams list for MLS

アメリカ総合留学