TOYOTAが米3部サッカークラブの胸スポンサーに

Photo: wcpo.com
Photo: wcpo.com

 2016年から新たにアメリカサッカーリーグ3部USLに参入するFCシンシナティは10月7日、クラブが着用するユニフォームの発表会見を行い、その胸スポンサーは日本を代表する大手自動車メーカーのトヨタが務めることを明らかにした。この日のクラブユニフォーム発表会見には、既に2016年のクラブシーズンチケットを購入している700人以上ものファンが集結し、「TOYOTA」の文字が刻まれたクラブの顔となるユニフォームの発表を見届けた。

 

 2ヵ月前に設立されたばかりのFCシンシナティはオハイオ州に拠点を置き、約40,000人の収容人数を誇るシンシナティ大学のスタジアムをホームスタジアムとし、2016年からのUSLに参入する。クラブのオーナーには、シンシナティ市の市議会に属するジェフ・バーディング氏を迎えることもあり、このプロサッカークラブの経営を市の一大プロジェクトとし、取り組んでいく方向性が見受けられる。アメリカサッカーリーグ3部でさえTOYOTAの支援を受けれるほど、その価値が見出されている。

アメリカ総合留学